木へんに夏

もう、8月も残り数日。。。夏休みも終わりですネ
良い子のみなさん! 宿題は終わりましたか?
まだの人はラストスパートで頑張りましょう!

さて、公園にはたくさんの樹木が植わってますが、今日は樹木のお話。

と、云う事で『木へんに夏』と書いて、⇒ 『榎』 何と読むのでしょう?

 

可愛い橙色の実をつけた『榎』

榎

   答えは:木へんに夏で『榎(えのき)』でした。 ・・・(ちっちゃくて、美味しそう!?)

 

では、もうひとつの質問です。
「榎」は木へんに夏、でしたが、四季でいう残りの春、秋、冬に木へんをつけた樹木もあるのでしょうか?

木へんに春で「椿(つばき)」。 ~ 果実からツバキ油が採れます
木へんに冬で「柊(ひいらぎ)」。~ 節分には枝葉を戸口に飾って邪気を払う木として活用されます

では、木へんに秋『楸』。読めますか?
   答えは:「楸(ひさぎ)」と、読むそうです! ~ アカメガシワ、キササゲの古名。

と、云う事で、木へんに春、夏、秋、冬をつけた樹木はありました!

 

 

夏休みの「雑学」として、頭の片隅に留めて頂ければ幸いです。。。。

 

            

 

 

 


  • 撮影に関するお知らせ
  • 公園パンフレットダウンロード
  • 大井スポーツ食堂
  • リンク集
  • 城南島アウトドアセンター
  • よくあるお問い合わせ

ページトップへ