よくあるお問い合わせ

公園の利用について

なぎさの森でバードウォッチングができると聞いたのですが・・・。

はい。「なぎさの森」では淡水と干潟の両方の野鳥を見ることができます。「淡水池観察路」では淡水池に面して観察壁が設置されており、カワセミやカルガモなどの飛来が楽しめます。
また、京浜運河沿いにある「干潟保全地区」では、カワウ、コサギ、アオサギ、などが羽を休めに訪れます。「なぎさの森管理事務所」では、こうした自然観察情報の提供や望遠鏡の貸出しをしておりますので、東京の自然を是非お楽しみください。

遠足で公園を使いたいが、申請などは必要ですか?

必要です。団体での利用の場合は公園管理事務所にご連絡ください。必要な場合は園内施設などのご利用もいただけます。また、季節などによっては大型バスで混雑するときもございますので、大型バスでのご来園の際は、事前にご連絡ください。

なぎさの森で磯遊びをしたいのですが、どんなことが楽しめますか?

はい。春には天然潮干狩りが体験できたり、夏にはハゼ釣に挑戦したりと、海体験が楽しめます。なお、まき餌となげ釣りは、環境保護と安全確保のため禁止されておりますのでご注意ください。

バーベキュー可能エリアを利用するには、予約などが必要ですか?

バーベキュー可能エリアの予約は必要ありません。利用料もいただいておりません。バーベキュー可能エリアには芝生が張ってあるだけで、かまどや洗い場などのバーベキュー施設は設置していません。
材料や用具、器具、水はすべて利用者様の持ち込みとし、洗い物やゴミはすべて利用者様のお持ち帰りとなります。また、バーベキュー可能エリアは、ロープなどで仕切られていませんので、お客様どうしで譲り合って、マナーを守ってお楽しみください。なお、バーベキュー可能エリアでも、直火や公園施設に直接火の触れる器具の使用は禁止となっております。
灰や残り炭が発生しない器具(気体・液体バーナーまたはカセットボンベ・コンロ)を用いてください。
ご利用は通年(年末年始など公園休場日を除く。)可能ですが、時間は日の出から日没までとし、寝泊は禁止です。
また、公園内への車両の乗り入れ、公園施設へのロープ等の結合、テントやタープ等など杭の打込みを行う器具の設営は禁止です。なお、園内の水道は手洗いや水飲み場として設置されています。なお、排水管が詰まりますので、絶対に用具や食品は洗わないでください。

バーベキューをしたいのですが、どこでできますか?

「なぎさの森」のはぜつき磯周辺がバーベキュー可能エリアとなっております。

  • 撮影に関するお知らせ
  • 公園パンフレットダウンロード
  • 大井スポーツ食堂
  • リンク集
  • 城南島アウトドアセンター
  • よくあるお問い合わせ

ページトップへ